医療現場ニーズ

「医療福祉の現場ニーズ提供会」開催のご案内

 この度、平成26年12月17日(水)14時より、下記のとおり「医療福祉の現場ニーズ提供会」を開催いたします。
 当日は大学教授や社会福祉士をコメンテーターに迎え、本事業で収集したニーズを紹介するほか、ニーズをもとにした製品開発のアイデアを解説していただきます。
 また、製品開発にあたってお悩みの方につきましては、提供会終了後に個別相談も受け付けますので、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

 

1.日   時 平成26年12月17日(水曜日) 14時から16時まで

2.場   所 松藤プラザ「えきまえ」いきいきひろば 3階11号室
       (長崎市大黒町3-3 交通会館3階)

3.対 象 者 医療福祉分野におけるものづくりに興味のある企業・個人

4.参 加 費 無料(参加には申し込みが必要です)

5.申込方法 長崎県庁のWEB申込みシステム(リンクはこちら:http://eap.pref.nagasaki.lg.jp/kv2/?42000h00001767dqR)に必要事項をご入力いただくか、申込書([PDFファイル/786KB]または[Wordファイル/82KB])へご記入の上、以下の申込先へファクシミリまたはメールでご送付ください。

 

申込先:公益財団法人ながさき地域政策研究所 担当 江島・松本
電話番号:095-820-4865 ファクシミリ:095-818-2763
E-メール:ejima.ichiko@think-nagasaki.or.jp

[2014年12月01日]
 
【公募】医療現場のニーズ提供について【4/11〆】

医療機関で働く先生から下記の製品開発提案があり、対応可能な企業を探しています。
製品開発にあたっては、事務局が大学教授や流通関係者など各方面の専門家の協力を取りつけます。
詳細について興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、事務局までご連絡ください。

 

1.穿刺トレーニング用のアプリケーション

   提案者:大村の病院勤務の先生
   求める技術:アプリケーション開発

 

2.既存の車椅子に後付け可能なティルト(後傾)器具

   提案者:佐世保の病院勤務の先生
   求める技術:金属加工・樹脂加工

 

締切り:平成26年4月11日(金)

 

連絡先:長崎県 産業労働部 産業技術課

    TEL:095-895-2525 E-mail:s05490@pref.nagasaki.lg.jp

[2014年04月04日]
 
「医療福祉ニーズ調査結果報告会」の開催案内

 本事業でこれまでに収集した医療福祉現場ニーズの調査結果報告会を開催いたします。

 当日は、産学官金の専門家が精査した、各ニーズに対する市場調査結果について説明し、新たな製品開発の可能性について情報提供したいと考えております。

 また、医療機器開発の専門家への相談も受け付けますので、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

●開催概要

 日時:2013年12月17日(火) 15:00~16:30

 場所:出島交流会館 2階会議室

 主催:長崎県 (委託先:(公財)ながさき地域政策研究所)

 アドバイザー:医療機器技術情報協会 代表 川端隆司氏

 参加対象:長崎県医療福祉ものづくりネットワーク会員企業
        (ネットワーク参加予定企業も含む)

  ※ネットワークへの加入手続につきましては以下の申込先へお問合せください。

 申込方法:以下の申込先へのメールまたはお電話でお申し込みください。

 

 ●申込先

 公益財団法人 ながさき地域政策研究所 担当 松本

 TEL:095-820-4865

 E-mail:matsumoto.yuki@think-nagasaki.or.jp

[2013年11月14日]
 
医療福祉の現場ニーズを基にしたマッチング会のご案内
ネットワーク参加企業の皆さま
 
 いつもお世話になっております。
 シンクながさきの松本です。
 
 早速ですが、平成24年度に県内医療福祉機関から収集した現場ニーズを基にしたマッチング会のご案内を差し上げます。
 
 マッチング会の内容は、これから紹介します現場ニーズ(タイトルのみ提示)について詳細を知りたい、開発検討をしてみたいという前向きな企業様を対象に、長崎県産業技術課とシンクながさき、そして興味をもたれた個別企業様の3者で面談をさせて頂きます。日程があえば、ニーズの提供者(医療福祉施設従事者)にも参加して頂きます。
 
 マッチング会の日程は、個別企業様との調整のうえ決定させて頂きます。
 3者面談の後、個別ニーズに対する企業様の開発の意向が合致した場合は、 調査機関であるシンクながさきによる事業可能性調査支援をさせて頂き、迅速に試作機開発に臨めるような環境の整備をご支援いたします。
 また、ニーズ提供者が実際に勤務する医療福祉施設において、現在使用されている器具の視察など試作機開発に向けた現場とのコーディネートをさせて頂きます。
 
 それでは、今回は5件のニーズを紹介します。
   ①高圧洗浄に強い尿器について
   ②普段着のデザイン性をもった拘束衣について
   ③看護師一人でラクに患者のおむつ交換ができる支援器具について
   ④服薬管理機器について
   ⑤病室のポータブルトイレの排泄未処理状態をナースステーションに
     知らせるシステムについて
 
 これらの現場ニーズについて、詳細を知りたい企業様はご返信メールにて、ニーズ番号、連絡先をお知らせください。
 それでは、皆さまからのご連絡をお待ちしております。
 

————————————-
公益財団法人な がさき地域政策研究所
(シンクながさき)   松本 裕喜
℡095-820-4865
 
Fax095-818-2763 
mail :
matsumoto.yuki@think-nagasaki.or.jp

 

 
[2013年07月10日]
 
医療福祉現場ニーズの提供について

 長崎県では、医療福祉ニーズ発事業創出支援事業において医療福祉現場ニーズを収集し、長崎県医療福祉ものづくりネットワークの会員企業様にご提供いたしております。

 

 現場ニーズに興味がおありの方は、まずは長崎県医療福祉ものづくりネットワーク事務局までご連絡ください。

[2012年12月12日]
 
  • 2
  • 4
  • 5
  • 5
  • 9

長崎県では医療福祉従事者(関係者)様からの現場でのお困りごと=ニーズを募集しております。

お問い合わせ